口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭悩み

口臭が気になる・・・

口臭が気になる人の中に、歯磨きを丁寧にしても、舌を磨いてみても口臭が消えないという場合があります。そんな症状の人を「自臭症」と言います。「自臭症」の人は、臭いの元になるものを99%取り除いたとしても、なんとなく臭いがあるんじゃないかという感覚が残っている感じの人を言います。この現象を「ウェーバーヘッヒナーの法則」と言うようです。
自分が口臭だと思うほど、他人からしてみれば全く感じないようです。なぜかというと臭いの元はほとんど取り除かれているからです。
ですから、あまり気にしない方がいいのではないかと思うのですが、言うほど簡単なことではないですよね。

その一方、いつも周りの人が臭いと感じる人がいます。たいてい原因は歯周病だそうです。しかし当の本人は全くその臭いを自覚していないということなのです。不思議ですよね。その理由としては、連続的に臭いがあるために、嗅覚が麻痺してしまって感じなくなってしまっているからなのです。

自臭症の人は、断続的に臭いが発生している為に、臭いが鼻についちゃう感じになり常に口臭があるのではないか?という感覚になってしまっているのです。

口臭の治療と言うのは、自臭症と他臭症と方法はまったく違います。根本から治すのは難しいのかもしれませんね。自臭症の場合は、舌の白いもの(舌苔)を取ったり、朝起きたらすぐ歯を磨いたりと家でのケアを忘れないようにして気にしないことが大切です。自臭症の場合は、歯科クリニックに出向き診てもらいましょう。

口臭悩み

口臭に関する悩み4

【口臭に関する悩み1】
口臭と言うのは、どのくらい離れれば臭わなくなるのでしょうか?よく小学生の喧嘩とかで「お前の口の臭いは10メートル離れていても分かるよ!」って言って精神的に苦痛を与える場合はありますが、これは冗談と思っていいです。10メートルも離れていたらさすがに臭いません。おならだって感じないはずですよ。臭いと言うのは距離が離れると拡散してしまうので臭いはなくなります。そんな人の悪口を言って精神的に追い詰めずに、おおらかに生活していきましょう。

【口臭に関する悩み2】
口臭を病院などで治療したら再発というのはないのでしょうか?口臭には病的な口臭と、生理的な口臭があって、口腔内が原因として口臭が発生するのは、病的口臭の場合です。この場合は歯科医院などにいって虫歯や歯周病などの治療をしてもらうと口臭はなくなります。更に再発させないためには、定期的に歯科医院に通ってケアをしてもらう事も忘れずに行ってください。
また、規則正しい生活や食生活、ストレスを溜めない生活などをして、口臭を発生させないように自己管理はしっかりしましょう。

このように、口臭に関する悩みというのは尽きないと思います。私には口臭があるんだ・・・。あの人が私のことを言ってる、きっと私の口臭の事を話してるんだわ。など1人で悶々と暗い日々を過ごさずに恥ずかしいとは思いますが、勇気を出して病院に行き、自分の口臭の原因を割り出してもらって適した治療を施してもらうようにしましょう。

口臭悩み

口臭に関する悩み3

【口臭に関する悩み1】
これは思い込みで悩んでしまった方の話です。30歳の会社員の女性の方ですが、身なりもきちんとしていて口臭も全くしません。会社の中で周りの人達が自分の事を見てこそこそと話をしているのを目撃してしまいました。その話が自分の口臭に関する話だと勘違いで思い込んでしまったのです。そのせいであまり会社の人ともハキハキと会話をする事ができずに暗い会社生活を送っていたそうです。しかし、あるとき会社に持っていくカバンを変えた途端に周りの反応が変わったそうです。この女性は会社に行くのに、変な柄のカバンを使っていたようで、周りの人はそのカバンのことについて話をしていたみたいなのです。
思い込みって怖いですよね。口臭があると自分で思い込んでしまったらその勘違いを正す理由を探して納得させなければなりません。勘違いを教えるのも口臭の治療方法の一つに挙げられると思います。

他人に指摘をされてしまうと、もっと誰かと話すのは怖くなってしまう場合もありますよね。自分の生活に悪影響が出てしまうほど悩んでしまうのならば勘違いでもいいので病院に行って診断を受け、安心をもらった方がいいと思います。

しかし、病院で医者に「あなたには口臭がありません」と言われても、一度他人に言われてしまった経験があるとなかなかそれを受け入れることができないと思います。ですから勘違いだということを教えると言う事も口臭治療のひとつなのではないかと考えられます。

口臭悩み

口臭に関する悩み2

【悩み1】
口臭が遺伝ではないかと思い込んでしまった人の話をします。20歳の男性は普通に口腔内に汚れがあったり、たまに口臭が出る場合もあったりしました。早めに病院に行って治療などをしていればひどくならなかったかもしれませんが、病院にも行かずにただ口臭で悩むようになり、段々不安がエスカレートしてきて、口臭があるのは親のせいだと思い込んでしまったのです。そのせいで社会生活や人との会話がやりづらくなったなどと親を責め立て、家庭内暴力にまで発展してしまいました。ここで一つ間違いがあります。口臭と言うのは口腔内を不潔にしている事でおこるものですので、決して遺伝では発生しませんので勘違いしないようにしましょう。

【悩み2】
高校生の女性のお話で、学校で男子生徒と話をしているときに「口が臭い」と指摘されたそうで、それがもとで登校拒否気味になってしまったそうです。学校に行っても常に口元にハンカチをあてた状態で会話をしていたり、授業中もハンカチをあてていたりで一日中顔を隠すような感じで過ごしていたそうです。その様子がおかしいと思った周りの人は彼女をいじめの対象としてしまい、結果いじめられるようになったそうです。精神的不安に陥っちゃった状態ですよね。こうなる前に恥ずかしいかもしれませんが勇気を出して口臭治療の為に病院に行く事をお勧めします。治療をする事によって、不安も解消されよりよい学校生活が送れるようになると思います。

口臭悩み

口臭に関する悩み1

口臭に悩んでいる人はいっぱいいます。しかし、病院に行って実際に治療する人はほんのわずかだと思います。口臭で病院に行くのは恥ずかしいと思っている人が多いのが理由にあるようで、口臭を治療しようと病院に行くということはとても勇気がいることです。

しかし、放っておいたらいつまで立っても口臭は治りません。勇気を出して病院に行って口臭を治すようにしましょう。

以下に口臭によって悩んでいる人の話をご紹介します。

【悩み】
23歳の女性のお話ですが、家族や友達から「口が魚臭い」と言われてしまったようで、それから口臭がとても気になってしまったということです。その後、誰と話すにも自分は魚臭いんだと思い込んでしまって、思い切って話すことが出来なくなりました。そこで病院に行って治療してもらおうと診てもらったら口臭は無いと言われたそうです。本人は口臭があるものと思い込んでしまっているのでただ「口臭は無い」と言われても納得できません。この場合はきちんとした証拠を出して納得してもらう必要があります。
例えば、1週間ほど魚ばかり食べてもらった上で口臭があるかどうか調べてもらったり、染色テストをしたりして本人にきちんと納得してもらうようにしました

他人から「臭い」と言われてしまったのですから、いくら病院で口臭がないと言われても納得できないですよね。こういった精神的な問題の場合、本人にきちんと納得してもらって、思い込みを解除してもらう必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。