口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭対策

口臭の治療の方法2

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.舌苔
舌苔(ぜったい)と言って、口臭の大きな原因の一つです。これは舌の表面に白っぽい、または黄色っぽい苔のようなものが付いた状態です。これが舌苔と言うものになります。これの元なるのは口の中の細胞が死んだり、新陳代謝によって粘膜上皮の細胞が剥がれたり、食べ物のカスが元になったりしています。これが細菌で分解されて口臭の原因となってガスを発生してしまうと言う事になります。
舌苔の除去方法としては専用の舌ブラシを使うか、柔らかめの歯ブラシを使用します。使い方は舌の奥の用から前の方に優しく磨いていきます。やりすぎると舌を傷つけてしまいますので気をつけるようにしましょう。

2.唾液
唾液には口の中の洗浄作用・抗菌作用・粘膜保護作用があり、口臭予防に一役買っています。このために唾液の分泌量が少なくなると口の中が不潔になってしまって、かつ乾燥してしまうために口臭が発生しやすくなると言うわけです。一般的には食べたり喋ったりする事で唾液の分泌量が促進されます。病的な場合は、ドライマウスという項目で調べてみましょう。

3.口腔癌
口の中に出来る癌です。これによって口臭が発生する場合があります。口の中に違和感を覚えた場合には早めに歯科医師に診てもらうようにしましょう。

4.義歯
毎日キレイに洗浄したり、消毒したりして使うことをお勧めします。一度入れ歯に色や臭いが付着したりすると取れませんので気をつけましょう。

口臭対策

口臭の治療の方法

口臭の治療を要するものは全身疾患から来るものもありますが、これは全体の1割に満たないほどです。残りの9割以上は口の中の病気が原因で高周波起こります。

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.歯周病
歯槽骨という、歯を支えている骨があるのですがこれが歯周病になると溶け出してきて無くなってきて、歯茎の部分がブヨブヨしてきます。こうなると、出血してきたり膿が出たりして次第に歯がグラグラしてきてしまう病気の事です。
このグラグラした歯とブヨブヨした歯茎の間には、ものすごい数の細菌が存在していて、これが悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物を産生して口臭になってしまうという訳です。こうなったら歯科クリニックで早めに治療を受けるようにしてください。悪化してしまうと、歯が無くなってしまいます。

2.虫歯
しかし、虫歯が悪化してくると口臭が徐々に強くなってきてしまいます。更に神経までいってしまうと悪臭と化して強烈な臭いになってしまいます。
こうなる前に、早めに治療するようにしましょう。

3.歯垢
プラークと言って最近の塊の事です。これは歯と歯の間に食べかすがたまってしまっている状態で、毎日歯磨きを丁寧にしていても磨き残しがあるくらい頑固に残ってしまうものです。定期的に歯科クリニックなどに行ってケアをしてもらうようにしましょう。

4.歯石
歯垢が固まって硬くなってしまったものを言います。自分では取る事ができず歯医者で取ってもらうしかありません。放って置くと歯周病の原因になります。

口臭対策

口臭のケア方法

口臭を気にする人というのはかなり多いですよね。最近では口臭を対策できる商品が発売されています。自己流で誤ったケアをすると返って口臭を悪化させる場合もあります。

口臭と言うのは「病的口臭」と「生理的口臭」の大きく分けて二つあります。「病的口臭」というのは歯周病や虫歯、胃腸などの病気が原因で起こるものです。「生理的口臭」は生まれつき誰でも持っているものです。

病的口臭と言うのは、病院で治療をしないと治癒しません。

また、生理的口臭の原因には唾液が深く関わっています。臭いと言うのは口の中の細菌が食べかすなどを分解するときに発生する揮発性硫黄化合物が原因となっているのです。

更にですが、たんぱく質を多く含んだ汚れと言うのは、歯の間ではなく舌の上に残ってしまう事が多く、舌が重要視されます。舌というのは健康のバロメーターとなっていて、体調が悪化すると舌苔が分厚くなってくるので口臭が強くなってきます。

近頃では、舌苔を取り除くグッズなどが販売されていますが、ケアを正しくしないと磨きすぎて舌苔がはがれてしまいます。こうなると唾液が正常に分泌できず口内の浄化が正しく出来なくなり口臭が悪化してしまいます。

こうならないためにも、水を少し口に含んだ状態で、舌を口の上の方にこすりつけよくうがいする事をお勧めします。また、唾液の分泌量を正常にする為に、昆布を小さく刻んで舌の上に乗せておくのも唾液の分泌が促されて、かなり効果が出てきます。

口臭対策

口臭を防止しよう!

口臭を防止するための過ごし方をご紹介します。

1.歯がきちんと磨けているかどうか染め出し駅を使って歯が赤く染まってしまったところをチェックします。

2.起床後すぐ、電動音波はブラシを使って歯磨きをします。

3.水をコップ1〜1.5杯飲みます。
水を飲むタイミングですが、「起床後に行う歯磨きの後」「朝食〜昼食の間」「昼食〜夕食の間」「夕食〜寝る前」です。

4.朝食として食べるものは和食をメインにしたものにします。30回ほどよくかんで唾液の分泌を促すようにしましょう。

5.水によるPHコントロールの後に、「Pro Fresh」を使ってうがいをしてください。
水によるPHコントロールの変わりにGC MIペーストを使用した場合は、30分経過してから「Pro Fresh」を使ってうがいするようにしてください。

6.昼食後や夕食後は水によるPHコントロールをするようにしましょう。

7.夜寝る前にはExcellent Breathを使って歯磨きをしましょう。

8.歯磨きの後、「Pro Fresh」を使ってうがいをしてから寝るようにしましょう。

補足としては、舌の動きを止めない事が大切です。染め出し液などを使って磨き残しをチェックし、歯磨きの練習をしましょう。

たばこを吸う方は、1日10本以内を目安にして間隔をあけて吸うようにしましょう。また、空腹時の喫煙は避けるようにしましょう。吸った後は水でうがいをして水分補給を忘れずにするようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。