口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭全般

口臭による人間関係

口臭というのは人間関係に大きく関係してくるものだと思います。口臭が原因で人が離れて言ったり、自分から遠ざかったりして、仕事や友達を失ったりするかもしれません。誰かと話すというのは人と人との最大のコミュニケーションですから、そのコミュニケーションが取れなくなると大変な事になります。

口臭というのは自分ではなかなか気付きにくく、他人から指摘されて深く傷つきながら気付くということになります。

また、学校や職場で口臭が原因でいじめが起きる場合もあります。口臭を気にしてしまうと自然と会話をすることが少なくなったり、口を開けて笑う事が少なくなったりしますよね。そういう暗い態度を相手が感じ取って更にいじめがエスカレートする場合もあります。

このように、口臭というのは人間関係に大いに関係があるものというのが分かりますよね。人と接する機会が多い職業の人(コンパニオン、スチュワーデス、芸能人)などは口臭に気を使っている人が多いと思います。こういう人たちは、病院での治療だけでなく、口臭を予防するあらゆるグッズなどを持っていたり、実践したりしているはずです。ですから口臭を予防する色々な知識を会得しているといってもいいですよね。まさに口臭予防のプロです!まずは病院などに行って、自分の口臭の原因を探ってもらい、治療をする事から始めてみてはいかがでしょうか?

口臭を完治させて、よりよい人間関係を築き、明るく生活をするようにしましょう。

口臭全般

口臭(自臭症)の原因

自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌です。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(嫌気性菌)というのがいて、その細菌が原因とされています。
しかし、量は他臭症の人と比べてみるとものすごく少ないのですが臭いが出てしまうのです。
その理由は断続的に臭いを発生してしまうからで、嗅覚というは連続的な臭いには麻痺してしまって感じませんが、断続的な臭いは感じてしまうからです。

では、自臭症の人がいつも臭いを感じてしまうのは何故なのでしょうか?
理由には以下の事が挙げられます。

1.起床時に感じる口臭
睡眠時には唾液の分泌と言うのは停止してしまいます。そのために口の中が乾燥してしまい口腔内の細菌が増殖してしまいます。それで朝起きると口臭を感じてしまうということです。

2.食事中に感じる口臭
食事中は唾液の分泌量が活発になるために、自浄作用が働いて口臭が感じにくくなるものですが、食べ物の種類によっては臭いが口の中に残ってしまった感覚があるので臭いを感じてしまいます。

3.嫌気性菌の増殖による口臭
昼食前や、夕食前など空腹になると口腔内の「嫌気性菌」という細菌が増殖し、口臭を自覚してしまいます。

4.緊張時に感じる口臭
社会に出たりすると、人と接する機会が増え、緊張するときも増えますよね。緊張すると声を出す事がなくなってしまうために、舌の動きが停止してしまいます。それと同時に唾液の分泌も停止してしまいますので、嫌気性菌の活動が活発になってしまいます。その為に口の中の臭いが充満して口臭を感じてしまうということになります。

口臭全般

口臭の自臭症と他臭症

自臭症の人は口臭が原因で心底悩んでいる人が多いと思います。自分の口臭が気になってしまって電車に乗れない、学校に行けない、人と話が出来ないなど、社会に適応出来なくなる方もいるほどです。
症状が進んでしまうと、歯医者にさえも口臭が怖くていけなくなるという方も出てくるようです。

それも、10年以上も口臭で悩んでいるという方がたくさんいるという現実もあります。そこで、自臭症の人は自分で口臭を治す方法を試してみる事をお勧めします。また他臭症の人は歯科医など治療を行った上で口臭を治すようにしていきましょう。

これが解決すると、歯磨きなどのケアなどによって短期間で治癒する事が可能です。

口臭には「自臭症」「他臭症」の二つに分類されます。
○「自臭症」
自分自身が口臭を自覚していて、周りの人たちのしぐさや言動に過敏になってしまいます。

特有の現象としては、いつも口臭を感じてしまったり、他人に指摘されて以来、他人のしぐさや言動に過敏になってしまったりしてしまいます。
例えば、誰かが部屋に入ってきて「なんかこの部屋変なにおいしない?」って言うと、ついつい自分の口臭ではないか?と感じてしまったりします。


○「他臭症」
本人は自覚をしていないで周りの人達が臭いを感じてしまいます。

特有の現象としては、自分に口臭があるとは思っていなく、歯石を取ってもらった事がなく、虫歯を放置している人などがいます。
そういう人に限って家族や身近な人から「口臭があるから、歯医者に行って治したら?」などと他人から指摘される事がある。

あなたはどちらのタイプだと思いますか?

口臭全般

口臭の色々な原因

口臭の原因とは色々ありますが、ご存知でしょうか?

口臭と言うのは、全然無いという人がいないと言うほど、生きている限り避けられないものです。しかし口臭を最小限に抑えることができます。
口臭サプリメントと呼ばれているサプリメントを摂取すると口臭を抑えることができると思います。
この口臭サプリメントの中に含まれている成分にはいろいろなものがあって、カテキンとか有名なものもあります。カテキンと言うのは身近で言うと緑茶などに含まれている成分で、ポリフェノールの一種です。
こうやって摂取する事によって口臭を抑えることができると思います。

また、抑えられる口臭とは逆に、絶対に防げない口臭もあります。
口臭の原因には主に3つに分けられているのですが、その一つに生理的口臭と呼ばれる口臭があります。これは人間誰しも持っている臭いの事です。
例えば何か食べた後には食べかすが口の中に残りますよね。その食べかすが口の中の細菌と混ざり合って口臭の原因となるわけです。こういう場合も食事の後に歯磨きなどの歯のケアをして口の中を清潔に保ち、口臭を防ぐようにしましょう。

また、病気の原因となりうる歯周病や舌苔も口臭の原因となります。

口臭の原因が病気の場合は、病院などで治療をして、治す事が口臭を解決する早道だと思います。

また、口臭の原因の一つである食事内容による口臭ですが、これは時間と共に消えていくものなので心配する必要はありません。

口臭全般

口臭が気になりませんか?

口臭は肝臓が原因で起こる場合があります。大体40歳過ぎの人で多く発生すると言われています。通常、肝臓の働きが正常だと臭いの元となる物質が分解されますので臭いが発生する事はありません。

食べ物と言うのは口から体の中に入りますよね。入ると、胃で吸収溶解され、腸で栄養が吸収されます。そして分解されます。その後血液の流れに乗って肝臓に送り込まれます。
このとき、口臭の元となる物質も肝臓に送り込まれるのですが、普通は代謝によって排泄されるものが、肝臓の動きが低下する事によって分解しきれなくなり臭いが発生してしまうと言う事になります。

この時に発生する臭いはネズミ臭とも言われていて、口の中が苦くなるような感覚があるようです。更に口臭が悪化するとカビの臭いや、卵が腐ったような臭い、それにニンニクが混ざったような臭いがします。

自分で自分の臭いを判断するのは難しいですが、口臭を自分でチェックするには、コップなどに息を吐いて一度手で蓋をして一呼吸してからコップの臭いをかいでみると判断する事ができます。

自分の臭いを判断するのは難しいですが、お酒を飲む人などは肝臓に負担がかかっている場合が多いと思いますので、是非自己チェックをしてみることをお勧めします。

それで、臭いなど気になるようでしたら、内科で肝臓の検査を受けてみる事をお勧めします。

肝臓を正常に戻しても口臭が治らない場合は、口の中に原因があるとも思えますので、ケアはこまめにするようにしましょう。

口臭全般

口臭に関する豆知識

【遺伝】
口臭と言うのは遺伝するのでしょうか?という不安をお持ちの人というのはかなりいると思います。自分の父親がかなりの口臭持ちで子供の自分も遺伝して口臭がするのではないかと思ったりしますよね。安心してください。口臭は遺伝しません。口臭と言うのは食生活や口内の衛生方法によって起こりうるものなので遺伝とは関係ありません。

【お茶】
お茶を飲むと、お茶に含まれているカテキンという成分が口の中を殺菌してくれるために口臭を消す効果があるのはご存知ですよね?しかし、お茶を飲みすぎると口臭を消さずに逆に口臭が出てしまうことがあるというのはご存知でしたか?
お茶と言うのは殺菌効果があるために、飲みすぎると身体の組織にも害を及ぼしてしまし、興奮状態になります。人間興奮すると、副交感神経に影響が出て正常に唾液が出ているものを出さないように指令を出してしまうのです。唾液の量が減ってしまうと口臭が発生してしまいますのでお茶の飲みすぎには充分に注意しましょう。

【自覚】
口臭と言うのは自分で感じない人もいますよね。これは嗅覚の特徴によるもので嗅覚と言うのはある一定のレベルの臭いを連続的にかいでいると感覚が麻痺してしまうために臭いが分からなくなるのです。例えばですが、香水を付け始めは臭いを感じる事がありますが時間が経つとあまり香水を感じなくなってしまいます。このために、自分の臭いが分からなくなって口臭があることに気付かない人が多いということになります。

口臭全般

歯医者にはきちんと行きましょう。

ある女性の口臭の原因をここでご紹介したいと思います。

歯のかぶせていたものが外れてしまって、何年か放置している為に、歯肉が陥没してしまい口臭の原因になっているような気がします。歯医者に行こう行こうと思っていたのですが歯医者自体に抵抗があるし、仕事もいそがしいと言い訳している間に足がついつい遠のいてしまっていたようで・・・。他の歯もかぶせていたものが取れてしまったというのをきっかけに思い切って歯医者に行ってみました。

歯医者には「もっと早く来ていたらこんなに悪化していなくて済んだのに・・・」と言われました。この陥没している歯肉と歯周病、歯槽膿漏が進行していたために口臭が酷くなってきていたようです。歯間ブラシと歯ブラシは欠かさずしていたのに・・・。結局治療方法としては陥没したところを隠すような感じでかぶせ物をするという方法です。

歯槽膿漏の治療で歯周ポケットのシケーリングというのをするのですが、それがものすごく痛くて涙が出てくるほどです。それに口を長く開けていると顎も疲れてきて辛いし、治療代も馬鹿になりません・・・。それに口臭が変わらずにあるので歯医者に通うのを辞めたいと思うようになって来ました。

こういう場合はきちんと歯磨きを出来るようにして、歯の治療もちゃんとしない限り治らないと思います。歯医者が嫌なのはよく分かりますが将来もっと痛い思いをするよりも今頑張って治療するようにしましょう。
痛くないようにしてくださいと歯医者に相談してみるのも手だと思いますよ。

口臭全般

口臭加齢臭とは?

年齢を重ねる事で発生する口臭の事を口臭加齢臭といい別名エイジングノートと呼ばれています。

加齢臭とは、男性が年を重ねる事で発生させていて体臭、足の臭い、口臭まで含まれています。

おじさんの努力と言うのは、ものすごくひたむきなものでして、子供や部下などに嫌われないように一生懸命にお風呂でキレイに洗ったり、歯磨きを一生懸命にしたりしているのに、口をきくとイヤーな顔されたり、遠ざかられたり、下を向かれたりして・・・。
そんな状況悲しすぎますよね。奥さんやお子さん、部下の為に加齢臭から放たれる口臭のケアについて教えましょう。

加齢に対する口臭対策
加齢臭からくる口臭が気になりだすと、しきりに歯磨きをして解決しようとしますが口臭の問題解決は歯磨きではないのです。

加齢から来る口臭の原因と言うのは腸内にあります。腸内に潜んでいる細菌の善玉菌というのを増やし、悪臭の元となるガスを発生させないように抑えることができれば、口臭を撃退する事が可能になってくるのです。

口臭予防として歯を磨く事ももちろん大切ですが、腸内から磨いて臭いの元を断つようにすることも忘れずにしましょう。

また、口臭予防は乳酸菌やオリゴ糖などの食品、例えばヨーグルトや納豆、ゴボウ、バナナ、大豆製品などを摂取したりして善玉菌を増やす事が出来ます。これによって臭いの元を抑えるようにしましょう。

是非頑張って加齢臭退治に挑んでよりよいおじさんライフを満喫しましょう。

口臭全般

口の乾燥による口臭

口が乾燥すると口臭が出てきます。これは口腔内の唾液の分泌量が低下して口の中が乾燥し、口の中がネバネバしてくると不快に感じますよね。このドライマウス状態が口臭の原因となる主なものだとされているのです。

唾液と言うのは口の中の清潔さを保ちます。唾液の分泌量が正常に保たれていると、口腔内が清潔に保たれるために口臭は発生しにくくなります。しかしその分泌量が少なくなってくると口の中が細菌でいっぱいになるために口臭が発生してしまうという結果になります。
また、口の中が乾燥すると口臭の発生の他に虫歯や歯垢、舌苔の原因ともなってしまうのです。

口の中が乾燥する原因としては、主に4つに分類できます。
・薬の副作用
主に抗ヒスタミン剤、抗うつ薬、利尿剤、抗項血圧薬によるものと言われています。
これだけ聞くとよく分かりませんが、アレルギー鼻炎などの薬に含まれているものです。
・疾患
糖尿病や腎疾患など自己の免疫疾患が原因とされています。
これが原因の場合は、口臭が気になるからと勝手に薬を止めるなどの自己診断をせずに医師とよく相談するようにしてください。

・唾液腺
これは、加齢に伴う症状だったり、炎症を起こしたりする事によって唾液分泌力が低下してくることによって起こります。
プラークコントロールをしっかりして、予防するようにしましょう。

・生活習慣
これは、喫煙、ストレス、睡眠不足、飲酒など口を乾燥させる原因となるものですので気をつけるようにしましょう。

口臭全般

口臭に関する用語集

以下に、口臭に関する用語の意味を記述しましたので参考にしてみてください。

【梅干】
梅干と言うのは口臭予防に最適な食べ物です。梅干にはクエン酸と言う酸が含まれていて強い酸性反応によって口の中に残った食べカスが発酵するのを抑えてくれる働きがあります。これで口臭が予防されます。

また、梅干を食べると唾液の分泌が促されます。唾液は口内の清浄作用がありますので口臭予防に繋がると言うわけです。

【ガム】
ガムを噛んで口臭が予防できるって知っていました?なぜかと言うと、ガムを噛む事によって口内に残っている食べカスや歯垢を約80%除去してくれる働きがあるからです。また、噛むという行為によって歯ぐきが鍛えられ、血液循環がよくなり歯槽膿漏、歯周病といった病気を予防する事ができます。更に唾液の分泌が促されたりします。

【空腹時口臭】
お腹が空くと口臭がきつくなるといった状態になったりしませんか?それは血液中にある代謝産物の影響によって口臭が発生しやすくなるからです。口臭が一番強くなるのは朝食を抜いたときに起こりますので朝食は食べるようにしましょう。

【嫌気性菌】
口の中に存在する細菌と言うのは通常で200種類以上、数にして数十億と言われる細菌が住んでいます。この中の酸素が少ない環境に発生する最近を「嫌気性菌」と言います。口臭と言うのは「嫌気細菌」が活発に活動したときに発生しますので、口の中が乾燥したり、唾液で口の中が粘ついたりしたときに増殖し、口臭を発生させるようになるのです。

口臭全般

口臭に関するお話

口臭には1日の中でも特に気になってしまう時間帯があります。いくつかポイントを挙げますので参考にしてみてください。

1.朝起きた直後
朝起きた直後は、口の中が乾燥している上に唾液も粘ついた状態ですので口臭が特に強く発生します。自分でも自分の口臭に気付くほど強いです。

2.空腹時における口臭
お腹が空いて空腹状態になると、血液中にある代謝産物が影響して口臭が発生するようになります。特に朝食を抜いた場合には昼食前にかなり臭いが発生してしまいます。このように昼食前と夕飯前のお腹が空く時間帯には口臭が強く発生してしまうので、おやつを少し食べるなど、注意するようにしましょう。

3.緊張時における口臭
緊張したときや、興奮したときは口の中が一瞬で乾いてしまいます。口の中が乾いてしまうと唾液の分泌も止まってしまいます。唾液の量が低下すると口臭が発生してしまうと言う悪循環になります。


ここで、口臭を防ぐために歯磨きをすればいいのでは?と思って一日に何回も歯磨きをしてしまう人がいますが、歯磨きをしすぎることによって知覚過敏になったり、歯自体が弱くなってしまって虫歯になりやすくなったり、歯磨き粉に入っている成分から口の中が乾きやすくなったりして口臭が発生してしまう事があるのです。

歯磨きは1日に2回が適当な回数だと思います。時間帯は朝と晩に行うのがいいと思います。朝磨くのは口中に増殖した細菌を洗い流すために、夜は細菌を寝ている間に増殖させないために磨きます。

口臭全般

口臭に関する用語

口臭と言うのは色々気にしてしまいますよね。そこで口臭に関する用語を少しご紹介したいと思います。

【口呼吸】
字のごとく、口を開けたままの状態で呼吸をする事を指します。口で呼吸をするようになると口の中が乾燥してしまい口臭が発生する原因になってしまいます。口臭を発生させないためにも呼吸は鼻でするように心がけましょう。
鼻呼吸の方法ですが、口を軽く閉じて行いましょう。

口呼吸の人が鼻呼吸に変えるのは最初、変な感じがしてやりづらいでしょうが、意識的に変える様に努力してください。

【唾液】
唾液の役割として、口腔内の洗浄作用があり、口腔内に潜んでいる有毒な細菌を殺して口臭を防ぐ働きがあります。
また、臭いの元となる揮発性物質を抑制する働きもあります。唾液の分泌量が多いほど口臭を予防します。

【舌苔(ぜったい)】
舌の表面に苔のようについている白いものを指します。舌苔は口の中の細菌のバランスを保つために無くてはならないものです。
しかし、舌苔が増えてくると口臭の原因になりますので適度に掃除する必要があります。その際、歯ブラシなどでゴシゴシと磨かずに優しく拭き取るようにしましょう。
舌苔の除去方法ですが口の中に水を少量含ませ、舌を口の上の方になんどかこすらせた後に吐き出すと言った事を何度か繰返してみてください。

【水分補給】
口の中が乾燥すると、口臭が発生しやすくなります。その為に意識的に水分補給をする事が大切です。一日あたりの摂取量ですが1〜1.5リットルほど摂取するのが望ましいです。

口臭全般

口臭(他臭症)の原因

口臭の中でも、他臭症の人の原因となるのは口の中に問題がある場合が多いです。例えば、虫歯が悪化していたり、歯周病や歯槽膿漏になっていたりなど炎症がある場合などに起こります。口臭を起こす原因となっているのは細菌で、その中でも嫌気性菌という酸素が嫌いな細菌が引き起こしています。
他人にとって、強烈な口臭として感じられる臭いですが、本人にとってはまったく感じない臭いのようです。
ですから、周りの人は不快感がものすごくありますが、本人は指摘されるまでは全く気付かないというパターンが多いようです。

なぜ、他臭症の人は自分の口臭を自覚しないのでしょうか?それは口の中で細菌によって絶え間なくガスが発生している為に、自分自身は臭いに麻痺してしまって全く臭いを感じないという仕組みです。

そういう人の場合、ニンニクのような臭いが強烈のものを食べても自覚できないようです。

他臭症の公衆対策としては、歯科クリニックなどで歯周病や歯槽膿漏の治療を行いましょう。その他には歯磨きのやり方を再度教えてもらったりして、虫歯の治療もきちんとしましょう。また、歯石除去など口腔内のメンテナンスを定期的に受けることが大切です。

口臭を予防するには、虫歯が原因で口臭が起きている場合はいいのですが、口臭予防は歯周病・歯槽膿漏の予防法に原則的に準じていますので、歯周病や歯槽膿漏の症状が進んでいる方は家庭でも定期的に歯科クリニックでも予防をきちんと行うようにしましょう。

口臭全般

口臭の要素

誰かの顔に近づいたとたんに相手の口臭がきつくてついつい顔をそむけてしまった。なんてことありませんか?
また、自分の口臭がきになってしまうことってありませんか?
口臭の原因は「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」のように大きく分けて3つに分類できるとされています。

自分の口臭がそのどれに当たるか適切に対応して、周りの人に不快感を与えないように公衆を改善していきましょう。

【口臭の主な原因は生理的なものだとされています。】
口臭の70%以上の原因は、舌や歯の汚れに対して細菌が産生された事による物だといわれています。これは唾液によって口腔内というのは自浄作用されているのですが、睡眠不足やストレス、口呼吸などによって唾液の分泌量が少なくなって細菌が増殖され口臭の元がたくさん作られた事が原因ではないかとされています。
また、朝起きた直後や、空腹時、緊張時などは普段口臭が無い人でも口が乾燥している為に口臭が強くなる傾向にあります。

【食事や嗜好品が原因】
ニンニクや、ニラなどの臭いが強い食べ物が口臭の原因となることもありますし、お酒やタバコなどが原因で口臭になる場合もあります。

【病菌が原因】
虫歯や歯周病などはもちろん、喉の病気や呼吸器、消火器系の病気などが原因で口臭が起こる事もあります。
口のケアを充分に行っていても口臭が気になるという場合は、身体の病気が疑われますので、病院に行って診察を受けることをお勧めします

口臭全般

口臭とは?

口と言うのは物を食べるところです。何か物を食べてその食べかすが口の中に残ってしまいます。これを歯垢といいます。この歯垢が口の中にある最近と合体し、腐敗発酵を起こし、育ててしまうのです。これが口臭をもたらしている原因と言えます。

口臭の原因となる主な成分ですが、揮発性硫黄化合物(VSC)というものです。聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に言うとメチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどが挙げられます。

では、口臭の主な原因とは大きく分けて3つあるとされていますが、以下にその原因をご紹介します。

○生理的な口臭
これは、人間誰もがもっている臭いの事です。
基本的には本人も、他人も気にならない臭いなのですが、歯垢を放っておいたり、緊張して口が渇いた状態になったり、朝起きた直後や食後3時間後のあたりになど少し不潔にしてしまうとその臭いが簡単に悪臭に変わってしまいます。

生理的な口臭と言うのは、解消する方法がありますので神経質に悩むことは無いと思います。

○病気が原因で起こる口臭
病気と言うのは「口の中の病気」と「その他の病気」に分けられますが、ここで言う口臭の原因となる病気は圧倒的に「口の中の病気」と思ってよいと思います。

○食べ物が原因で起こる公衆
ニンニクや、ニラなど臭いの強い食べ物が原因で起こるのも口臭の特徴の一つです。
アルコールやタバコも同じです。
これは、一度体内に取り込まれた臭いの元が胃で消化され、血液、肺を経由して吐き出されることによって起こるとされています。
これは、歯磨きなどして口の中をきれいにしても臭うことがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。