口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭(2)

口の乾燥による口臭

口が乾燥すると口臭が出てきます。これは口腔内の唾液の分泌量が低下して口の中が乾燥し、口の中がネバネバしてくると不快に感じますよね。このドライマウス状態が口臭の原因となる主なものだとされているのです。

唾液と言うのは口の中の清潔さを保ちます。唾液の分泌量が正常に保たれていると、口腔内が清潔に保たれるために口臭は発生しにくくなります。しかしその分泌量が少なくなってくると口の中が細菌でいっぱいになるために口臭が発生してしまうという結果になります。
また、口の中が乾燥すると口臭の発生の他に虫歯や歯垢、舌苔の原因ともなってしまうのです。

口の中が乾燥する原因としては、主に4つに分類できます。
・薬の副作用
主に抗ヒスタミン剤、抗うつ薬、利尿剤、抗項血圧薬によるものと言われています。
これだけ聞くとよく分かりませんが、アレルギー鼻炎などの薬に含まれているものです。
・疾患
糖尿病や腎疾患など自己の免疫疾患が原因とされています。
これが原因の場合は、口臭が気になるからと勝手に薬を止めるなどの自己診断をせずに医師とよく相談するようにしてください。

・唾液腺
これは、加齢に伴う症状だったり、炎症を起こしたりする事によって唾液分泌力が低下してくることによって起こります。
プラークコントロールをしっかりして、予防するようにしましょう。

・生活習慣
これは、喫煙、ストレス、睡眠不足、飲酒など口を乾燥させる原因となるものですので気をつけるようにしましょう。

口臭(2)

口臭の予防・改善

昨今、健康志向や清潔志向が高まっている中、口臭への関心も合わせて高まっています。

口臭の正体とは、口の中にいる細菌が食べかすなどを分解して生産する揮発性の硫黄化合物が成分だとされています。また、食べ物やお酒などの臭いが、体内に入り血液中に溶け、肺を通って呼吸によって出てきたものも口臭です。

口臭の原因の一つとして、ストレスやホルモンバランスの異常なども関係しているとされています。仕事や人間関係における緊張感が続いたとき、女性の場合は生理中や妊娠中のとき、また成長期などに口臭が強くでます。また一時的ではありますが、空腹時や起床時も口臭が強くなります。

また、虫歯が悪化したときや重度の歯周病も口臭の原因となります。歯磨きや歯科での治療などケアを充分にしているにも関わらず、口臭が強いなと感じるときは、内科的な病気などが疑われますので病院に行って診断を受けることをお勧めします。

そうならないためにも、口臭の予防をしましょう。
口臭の予防には以下のようなものがありますので参考にしてみてください。

○歯の治療
口の中には口臭の原因となる細菌がたくさん生息しています。歯の治療、歯周病の治療など歯医者できちんと治療する事が大切です。口の中の環境を充分に整えて病気や口臭を防ぎましょう。

○ケア
治療後はそれを維持するために、プロによる定期的なお手入れと、ホームケアが重要になってきます。ホームケアの方法ですが歯科医でお手入れ方法などを指導してもらって実践していきましょう。

○食後に、緑茶を飲んだり牛乳を飲んだりして、口臭を消す事が出来ます。
また、レモンや梅干など唾液の分泌を促す食べ物を食べると自浄作用が高まって口臭が予防できます。

口臭(2)

口臭(自臭症)の原因

自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌です。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(嫌気性菌)というのがいて、その細菌が原因とされています。
しかし、量は他臭症の人と比べてみるとものすごく少ないのですが臭いが出てしまうのです。
その理由は断続的に臭いを発生してしまうからで、嗅覚というは連続的な臭いには麻痺してしまって感じませんが、断続的な臭いは感じてしまうからです。

では、自臭症の人がいつも臭いを感じてしまうのは何故なのでしょうか?
理由には以下の事が挙げられます。

1.起床時に感じる口臭
睡眠時には唾液の分泌と言うのは停止してしまいます。そのために口の中が乾燥してしまい口腔内の細菌が増殖してしまいます。それで朝起きると口臭を感じてしまうということです。

2.食事中に感じる口臭
食事中は唾液の分泌量が活発になるために、自浄作用が働いて口臭が感じにくくなるものですが、食べ物の種類によっては臭いが口の中に残ってしまった感覚があるので臭いを感じてしまいます。

3.嫌気性菌の増殖による口臭
昼食前や、夕食前など空腹になると口腔内の「嫌気性菌」という細菌が増殖し、口臭を自覚してしまいます。

4.緊張時に感じる口臭
社会に出たりすると、人と接する機会が増え、緊張するときも増えますよね。緊張すると声を出す事がなくなってしまうために、舌の動きが停止してしまいます。それと同時に唾液の分泌も停止してしまいますので、嫌気性菌の活動が活発になってしまいます。その為に口の中の臭いが充満して口臭を感じてしまうということになります。

口臭(2)

口臭を防止しよう!

口臭を防止するための過ごし方をご紹介します。

1.歯がきちんと磨けているかどうか染め出し駅を使って歯が赤く染まってしまったところをチェックします。

2.起床後すぐ、電動音波はブラシを使って歯磨きをします。

3.水をコップ1〜1.5杯飲みます。
水を飲むタイミングですが、「起床後に行う歯磨きの後」「朝食〜昼食の間」「昼食〜夕食の間」「夕食〜寝る前」です。

4.朝食として食べるものは和食をメインにしたものにします。30回ほどよくかんで唾液の分泌を促すようにしましょう。

5.水によるPHコントロールの後に、「Pro Fresh」を使ってうがいをしてください。
水によるPHコントロールの変わりにGC MIペーストを使用した場合は、30分経過してから「Pro Fresh」を使ってうがいするようにしてください。

6.昼食後や夕食後は水によるPHコントロールをするようにしましょう。

7.夜寝る前にはExcellent Breathを使って歯磨きをしましょう。

8.歯磨きの後、「Pro Fresh」を使ってうがいをしてから寝るようにしましょう。

補足としては、舌の動きを止めない事が大切です。染め出し液などを使って磨き残しをチェックし、歯磨きの練習をしましょう。

たばこを吸う方は、1日10本以内を目安にして間隔をあけて吸うようにしましょう。また、空腹時の喫煙は避けるようにしましょう。吸った後は水でうがいをして水分補給を忘れずにするようにしましょう。

口臭(2)

口臭(他臭症)の原因

口臭の中でも、他臭症の人の原因となるのは口の中に問題がある場合が多いです。例えば、虫歯が悪化していたり、歯周病や歯槽膿漏になっていたりなど炎症がある場合などに起こります。口臭を起こす原因となっているのは細菌で、その中でも嫌気性菌という酸素が嫌いな細菌が引き起こしています。
他人にとって、強烈な口臭として感じられる臭いですが、本人にとってはまったく感じない臭いのようです。
ですから、周りの人は不快感がものすごくありますが、本人は指摘されるまでは全く気付かないというパターンが多いようです。

なぜ、他臭症の人は自分の口臭を自覚しないのでしょうか?それは口の中で細菌によって絶え間なくガスが発生している為に、自分自身は臭いに麻痺してしまって全く臭いを感じないという仕組みです。

そういう人の場合、ニンニクのような臭いが強烈のものを食べても自覚できないようです。

他臭症の公衆対策としては、歯科クリニックなどで歯周病や歯槽膿漏の治療を行いましょう。その他には歯磨きのやり方を再度教えてもらったりして、虫歯の治療もきちんとしましょう。また、歯石除去など口腔内のメンテナンスを定期的に受けることが大切です。

口臭を予防するには、虫歯が原因で口臭が起きている場合はいいのですが、口臭予防は歯周病・歯槽膿漏の予防法に原則的に準じていますので、歯周病や歯槽膿漏の症状が進んでいる方は家庭でも定期的に歯科クリニックでも予防をきちんと行うようにしましょう。

口臭(2)

口臭が気になる・・・

口臭が気になる人の中に、歯磨きを丁寧にしても、舌を磨いてみても口臭が消えないという場合があります。そんな症状の人を「自臭症」と言います。「自臭症」の人は、臭いの元になるものを99%取り除いたとしても、なんとなく臭いがあるんじゃないかという感覚が残っている感じの人を言います。この現象を「ウェーバーヘッヒナーの法則」と言うようです。
自分が口臭だと思うほど、他人からしてみれば全く感じないようです。なぜかというと臭いの元はほとんど取り除かれているからです。
ですから、あまり気にしない方がいいのではないかと思うのですが、言うほど簡単なことではないですよね。

その一方、いつも周りの人が臭いと感じる人がいます。たいてい原因は歯周病だそうです。しかし当の本人は全くその臭いを自覚していないということなのです。不思議ですよね。その理由としては、連続的に臭いがあるために、嗅覚が麻痺してしまって感じなくなってしまっているからなのです。

自臭症の人は、断続的に臭いが発生している為に、臭いが鼻についちゃう感じになり常に口臭があるのではないか?という感覚になってしまっているのです。

口臭の治療と言うのは、自臭症と他臭症と方法はまったく違います。根本から治すのは難しいのかもしれませんね。自臭症の場合は、舌の白いもの(舌苔)を取ったり、朝起きたらすぐ歯を磨いたりと家でのケアを忘れないようにして気にしないことが大切です。自臭症の場合は、歯科クリニックに出向き診てもらいましょう。

口臭(2)

口臭のチェック方法

口臭とはもっとも気になる臭いですよね。自分の臭いと言うのは気付きにくい物ですが自分に臭いがあるのかどうかチェックしておく必要があると思います。
一番いい方法は、家族などにチェックしてもらうのがいいと思うのですが、それもちょっと・・・。という人の為に、自分で出来るチェック方法をご紹介しましょう。

また朝起きたときや食後や食前、口が渇いているときなど、時間帯によって状態が変わってきますので、その都度チェックしてみるのがいいと思います。

1.コップに息を吐き出してみる。
まず、コップを用意してください。そのコップに息を吹き込んで手で蓋をします。一度深呼吸して改めてそのコップの中のにおいをかいで見る。

チェックするのに一番いいのは、朝起きてすぐにチェックする事です。これで生理的口臭が分かります。

2.舌苔(ぜったい)という舌の表面のざらざらの臭いをかいでみる。
舌苔(舌の表面にある、白っぽいものや黄色いもの)は口臭の元になる口の中の汚れです。これをティッシュなどでふき取って臭いをかいでみてください。これで臭いがある場合は自分だけでなく他人にも口臭が感じられる可能性が高いでしょう。


3.口臭判定器でチェック
市販されている「口臭判定器」という物を使って口臭の成分であるメチルメルカプタンをセンサーで捕らえてチェックします。自分の鼻や、周りの人の意見では不安と言う人はこういう機械を使ってみるのもいいと思います。
但し、周りの空気の状況で影響するので使用法をよく読んで利用してください。

口臭(2)

口臭の要素

誰かの顔に近づいたとたんに相手の口臭がきつくてついつい顔をそむけてしまった。なんてことありませんか?
また、自分の口臭がきになってしまうことってありませんか?
口臭の原因は「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」のように大きく分けて3つに分類できるとされています。

自分の口臭がそのどれに当たるか適切に対応して、周りの人に不快感を与えないように公衆を改善していきましょう。

【口臭の主な原因は生理的なものだとされています。】
口臭の70%以上の原因は、舌や歯の汚れに対して細菌が産生された事による物だといわれています。これは唾液によって口腔内というのは自浄作用されているのですが、睡眠不足やストレス、口呼吸などによって唾液の分泌量が少なくなって細菌が増殖され口臭の元がたくさん作られた事が原因ではないかとされています。
また、朝起きた直後や、空腹時、緊張時などは普段口臭が無い人でも口が乾燥している為に口臭が強くなる傾向にあります。

【食事や嗜好品が原因】
ニンニクや、ニラなどの臭いが強い食べ物が口臭の原因となることもありますし、お酒やタバコなどが原因で口臭になる場合もあります。

【病菌が原因】
虫歯や歯周病などはもちろん、喉の病気や呼吸器、消火器系の病気などが原因で口臭が起こる事もあります。
口のケアを充分に行っていても口臭が気になるという場合は、身体の病気が疑われますので、病院に行って診察を受けることをお勧めします

口臭(2)

口臭というのはどういうものか?

口臭と言うのは字のごとく、「口が臭い」という事を意味しています。会話している時や呼吸時に出されている息を他人がかいで不快だなと感じた臭いを口臭と言うのです。

この不快な臭いである口臭の原因と言うのは90%以上口腔内が原因だとされています。その臭いは元となるものの種類によって違ってきます。例えば卵が腐ったような臭い、魚や野菜が腐ったような臭い、生ゴミのような臭いがします。
こういった口臭が無い人というのはいないというのが現実です。

その理由としては「生理的口臭」と言われているもので、朝起きた直後や、空腹時、緊張時に起きる口臭です。これは誰にでもある口臭なのです。
また、臭いが強い食べ物(ニンニクや、納豆、ニラなど)による口臭もありますが、時間が経つと消えてしまう臭いなのでこれは気にする必要なないと思います。

ただ、口腔内に口臭の原因がある場合は、こまめなケアをして口臭を予防する事が必要とされます。

口腔宇内には常時約200種類もの細菌が潜んでいると言われています。口腔内の新陳代謝は身体のどの組織よりも早いために死滅してしまった粘膜組織が多くなってしまい、たんぱく質が細胞に分解されてしまって臭いの元が作られます。これが常にものすごくたくさん作られてしまうと言うわけです。

しかし唾液が口腔内の清潔さを保ってくれるのですが、口腔ケアを怠ってしまうと歯周病や虫歯の原因となりそれが悪化して口臭が発生してしまうと言う事になるわけです。

口臭(2)

口臭の自臭症と他臭症

自臭症の人は口臭が原因で心底悩んでいる人が多いと思います。自分の口臭が気になってしまって電車に乗れない、学校に行けない、人と話が出来ないなど、社会に適応出来なくなる方もいるほどです。
症状が進んでしまうと、歯医者にさえも口臭が怖くていけなくなるという方も出てくるようです。

それも、10年以上も口臭で悩んでいるという方がたくさんいるという現実もあります。そこで、自臭症の人は自分で口臭を治す方法を試してみる事をお勧めします。また他臭症の人は歯科医など治療を行った上で口臭を治すようにしていきましょう。

これが解決すると、歯磨きなどのケアなどによって短期間で治癒する事が可能です。

口臭には「自臭症」「他臭症」の二つに分類されます。
○「自臭症」
自分自身が口臭を自覚していて、周りの人たちのしぐさや言動に過敏になってしまいます。

特有の現象としては、いつも口臭を感じてしまったり、他人に指摘されて以来、他人のしぐさや言動に過敏になってしまったりしてしまいます。
例えば、誰かが部屋に入ってきて「なんかこの部屋変なにおいしない?」って言うと、ついつい自分の口臭ではないか?と感じてしまったりします。


○「他臭症」
本人は自覚をしていないで周りの人達が臭いを感じてしまいます。

特有の現象としては、自分に口臭があるとは思っていなく、歯石を取ってもらった事がなく、虫歯を放置している人などがいます。
そういう人に限って家族や身近な人から「口臭があるから、歯医者に行って治したら?」などと他人から指摘される事がある。

あなたはどちらのタイプだと思いますか?

口臭(2)

歯医者にはきちんと行きましょう。

ある女性の口臭の原因をここでご紹介したいと思います。

歯のかぶせていたものが外れてしまって、何年か放置している為に、歯肉が陥没してしまい口臭の原因になっているような気がします。歯医者に行こう行こうと思っていたのですが歯医者自体に抵抗があるし、仕事もいそがしいと言い訳している間に足がついつい遠のいてしまっていたようで・・・。他の歯もかぶせていたものが取れてしまったというのをきっかけに思い切って歯医者に行ってみました。

歯医者には「もっと早く来ていたらこんなに悪化していなくて済んだのに・・・」と言われました。この陥没している歯肉と歯周病、歯槽膿漏が進行していたために口臭が酷くなってきていたようです。歯間ブラシと歯ブラシは欠かさずしていたのに・・・。結局治療方法としては陥没したところを隠すような感じでかぶせ物をするという方法です。

歯槽膿漏の治療で歯周ポケットのシケーリングというのをするのですが、それがものすごく痛くて涙が出てくるほどです。それに口を長く開けていると顎も疲れてきて辛いし、治療代も馬鹿になりません・・・。それに口臭が変わらずにあるので歯医者に通うのを辞めたいと思うようになって来ました。

こういう場合はきちんと歯磨きを出来るようにして、歯の治療もちゃんとしない限り治らないと思います。歯医者が嫌なのはよく分かりますが将来もっと痛い思いをするよりも今頑張って治療するようにしましょう。
痛くないようにしてくださいと歯医者に相談してみるのも手だと思いますよ。

口臭(2)

口臭が気になりませんか?

口臭は肝臓が原因で起こる場合があります。大体40歳過ぎの人で多く発生すると言われています。通常、肝臓の働きが正常だと臭いの元となる物質が分解されますので臭いが発生する事はありません。

食べ物と言うのは口から体の中に入りますよね。入ると、胃で吸収溶解され、腸で栄養が吸収されます。そして分解されます。その後血液の流れに乗って肝臓に送り込まれます。
このとき、口臭の元となる物質も肝臓に送り込まれるのですが、普通は代謝によって排泄されるものが、肝臓の動きが低下する事によって分解しきれなくなり臭いが発生してしまうと言う事になります。

この時に発生する臭いはネズミ臭とも言われていて、口の中が苦くなるような感覚があるようです。更に口臭が悪化するとカビの臭いや、卵が腐ったような臭い、それにニンニクが混ざったような臭いがします。

自分で自分の臭いを判断するのは難しいですが、口臭を自分でチェックするには、コップなどに息を吐いて一度手で蓋をして一呼吸してからコップの臭いをかいでみると判断する事ができます。

自分の臭いを判断するのは難しいですが、お酒を飲む人などは肝臓に負担がかかっている場合が多いと思いますので、是非自己チェックをしてみることをお勧めします。

それで、臭いなど気になるようでしたら、内科で肝臓の検査を受けてみる事をお勧めします。

肝臓を正常に戻しても口臭が治らない場合は、口の中に原因があるとも思えますので、ケアはこまめにするようにしましょう。

口臭(2)

口臭の色々な原因

口臭の原因とは色々ありますが、ご存知でしょうか?

口臭と言うのは、全然無いという人がいないと言うほど、生きている限り避けられないものです。しかし口臭を最小限に抑えることができます。
口臭サプリメントと呼ばれているサプリメントを摂取すると口臭を抑えることができると思います。
この口臭サプリメントの中に含まれている成分にはいろいろなものがあって、カテキンとか有名なものもあります。カテキンと言うのは身近で言うと緑茶などに含まれている成分で、ポリフェノールの一種です。
こうやって摂取する事によって口臭を抑えることができると思います。

また、抑えられる口臭とは逆に、絶対に防げない口臭もあります。
口臭の原因には主に3つに分けられているのですが、その一つに生理的口臭と呼ばれる口臭があります。これは人間誰しも持っている臭いの事です。
例えば何か食べた後には食べかすが口の中に残りますよね。その食べかすが口の中の細菌と混ざり合って口臭の原因となるわけです。こういう場合も食事の後に歯磨きなどの歯のケアをして口の中を清潔に保ち、口臭を防ぐようにしましょう。

また、病気の原因となりうる歯周病や舌苔も口臭の原因となります。

口臭の原因が病気の場合は、病院などで治療をして、治す事が口臭を解決する早道だと思います。

また、口臭の原因の一つである食事内容による口臭ですが、これは時間と共に消えていくものなので心配する必要はありません。

口臭(2)

口臭の治療の方法

口臭の治療を要するものは全身疾患から来るものもありますが、これは全体の1割に満たないほどです。残りの9割以上は口の中の病気が原因で高周波起こります。

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.歯周病
歯槽骨という、歯を支えている骨があるのですがこれが歯周病になると溶け出してきて無くなってきて、歯茎の部分がブヨブヨしてきます。こうなると、出血してきたり膿が出たりして次第に歯がグラグラしてきてしまう病気の事です。
このグラグラした歯とブヨブヨした歯茎の間には、ものすごい数の細菌が存在していて、これが悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物を産生して口臭になってしまうという訳です。こうなったら歯科クリニックで早めに治療を受けるようにしてください。悪化してしまうと、歯が無くなってしまいます。

2.虫歯
しかし、虫歯が悪化してくると口臭が徐々に強くなってきてしまいます。更に神経までいってしまうと悪臭と化して強烈な臭いになってしまいます。
こうなる前に、早めに治療するようにしましょう。

3.歯垢
プラークと言って最近の塊の事です。これは歯と歯の間に食べかすがたまってしまっている状態で、毎日歯磨きを丁寧にしていても磨き残しがあるくらい頑固に残ってしまうものです。定期的に歯科クリニックなどに行ってケアをしてもらうようにしましょう。

4.歯石
歯垢が固まって硬くなってしまったものを言います。自分では取る事ができず歯医者で取ってもらうしかありません。放って置くと歯周病の原因になります。

口臭(2)

口臭の治療の方法2

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.舌苔
舌苔(ぜったい)と言って、口臭の大きな原因の一つです。これは舌の表面に白っぽい、または黄色っぽい苔のようなものが付いた状態です。これが舌苔と言うものになります。これの元なるのは口の中の細胞が死んだり、新陳代謝によって粘膜上皮の細胞が剥がれたり、食べ物のカスが元になったりしています。これが細菌で分解されて口臭の原因となってガスを発生してしまうと言う事になります。
舌苔の除去方法としては専用の舌ブラシを使うか、柔らかめの歯ブラシを使用します。使い方は舌の奥の用から前の方に優しく磨いていきます。やりすぎると舌を傷つけてしまいますので気をつけるようにしましょう。

2.唾液
唾液には口の中の洗浄作用・抗菌作用・粘膜保護作用があり、口臭予防に一役買っています。このために唾液の分泌量が少なくなると口の中が不潔になってしまって、かつ乾燥してしまうために口臭が発生しやすくなると言うわけです。一般的には食べたり喋ったりする事で唾液の分泌量が促進されます。病的な場合は、ドライマウスという項目で調べてみましょう。

3.口腔癌
口の中に出来る癌です。これによって口臭が発生する場合があります。口の中に違和感を覚えた場合には早めに歯科医師に診てもらうようにしましょう。

4.義歯
毎日キレイに洗浄したり、消毒したりして使うことをお勧めします。一度入れ歯に色や臭いが付着したりすると取れませんので気をつけましょう。

口臭(2)

口臭の検査・予防方法

口臭を検査するための方法としては、以下のような方法があります。少しご紹介してみましょう。

【ガスクロマトグラフィー】
この機械は大学病院など設備が整っている病院で使用しているものです。大変高価な機械ですので一般開業医には向かない機械です。

【半導体ガスセンサー】
口臭測定器として一般的に普及しているものです。測定するものは口腔内にある揮発性硫黄化合物を測定します。
例えば、タバコやニンニクなどの臭いで口臭がきつくても、上記以外の臭いについては測定できないというデメリットがあります。

【官能的測定法】
人的方法によって測定するもので、患者が息を止めた状態で口を開けて医者が口の中の臭いを直接かいだり、患者が息を吐いた状態で医者が臭いをかいだりする方法の両方があり、通常は両方の測定を行います。

上記で判断して口臭と判断された状態で、予防しようとした場合まず口の中を清潔に保つ事が第一だと思います。毎日口の中をキレイにするセルフケアとプロによる定期的なケアが大切になってきます。

【セルフケア】
口の中の隅々までを、歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシなどを使って丁寧に磨きましょう。
舌苔は舌ブラシを使って除去するようにしましょう。
入れ歯などの場合は、毎日キレイにするようにしましょう。

【プロフェッショナルケア】
定期的に検診を歯医者で受けましょう。
プロによる適切なケア方法を指導してもらいましょう。
虫歯など早めの治療を心がけましょう。

口臭(2)

口臭のケア方法

口臭を気にする人というのはかなり多いですよね。最近では口臭を対策できる商品が発売されています。自己流で誤ったケアをすると返って口臭を悪化させる場合もあります。

口臭と言うのは「病的口臭」と「生理的口臭」の大きく分けて二つあります。「病的口臭」というのは歯周病や虫歯、胃腸などの病気が原因で起こるものです。「生理的口臭」は生まれつき誰でも持っているものです。

病的口臭と言うのは、病院で治療をしないと治癒しません。

また、生理的口臭の原因には唾液が深く関わっています。臭いと言うのは口の中の細菌が食べかすなどを分解するときに発生する揮発性硫黄化合物が原因となっているのです。

更にですが、たんぱく質を多く含んだ汚れと言うのは、歯の間ではなく舌の上に残ってしまう事が多く、舌が重要視されます。舌というのは健康のバロメーターとなっていて、体調が悪化すると舌苔が分厚くなってくるので口臭が強くなってきます。

近頃では、舌苔を取り除くグッズなどが販売されていますが、ケアを正しくしないと磨きすぎて舌苔がはがれてしまいます。こうなると唾液が正常に分泌できず口内の浄化が正しく出来なくなり口臭が悪化してしまいます。

こうならないためにも、水を少し口に含んだ状態で、舌を口の上の方にこすりつけよくうがいする事をお勧めします。また、唾液の分泌量を正常にする為に、昆布を小さく刻んで舌の上に乗せておくのも唾液の分泌が促されて、かなり効果が出てきます。

口臭(2)

口臭に関する用語

口臭と言うのは色々気にしてしまいますよね。そこで口臭に関する用語を少しご紹介したいと思います。

【口呼吸】
字のごとく、口を開けたままの状態で呼吸をする事を指します。口で呼吸をするようになると口の中が乾燥してしまい口臭が発生する原因になってしまいます。口臭を発生させないためにも呼吸は鼻でするように心がけましょう。
鼻呼吸の方法ですが、口を軽く閉じて行いましょう。

口呼吸の人が鼻呼吸に変えるのは最初、変な感じがしてやりづらいでしょうが、意識的に変える様に努力してください。

【唾液】
唾液の役割として、口腔内の洗浄作用があり、口腔内に潜んでいる有毒な細菌を殺して口臭を防ぐ働きがあります。
また、臭いの元となる揮発性物質を抑制する働きもあります。唾液の分泌量が多いほど口臭を予防します。

【舌苔(ぜったい)】
舌の表面に苔のようについている白いものを指します。舌苔は口の中の細菌のバランスを保つために無くてはならないものです。
しかし、舌苔が増えてくると口臭の原因になりますので適度に掃除する必要があります。その際、歯ブラシなどでゴシゴシと磨かずに優しく拭き取るようにしましょう。
舌苔の除去方法ですが口の中に水を少量含ませ、舌を口の上の方になんどかこすらせた後に吐き出すと言った事を何度か繰返してみてください。

【水分補給】
口の中が乾燥すると、口臭が発生しやすくなります。その為に意識的に水分補給をする事が大切です。一日あたりの摂取量ですが1〜1.5リットルほど摂取するのが望ましいです。

口臭(2)

口臭に関する用語集

以下に、口臭に関する用語の意味を記述しましたので参考にしてみてください。

【梅干】
梅干と言うのは口臭予防に最適な食べ物です。梅干にはクエン酸と言う酸が含まれていて強い酸性反応によって口の中に残った食べカスが発酵するのを抑えてくれる働きがあります。これで口臭が予防されます。

また、梅干を食べると唾液の分泌が促されます。唾液は口内の清浄作用がありますので口臭予防に繋がると言うわけです。

【ガム】
ガムを噛んで口臭が予防できるって知っていました?なぜかと言うと、ガムを噛む事によって口内に残っている食べカスや歯垢を約80%除去してくれる働きがあるからです。また、噛むという行為によって歯ぐきが鍛えられ、血液循環がよくなり歯槽膿漏、歯周病といった病気を予防する事ができます。更に唾液の分泌が促されたりします。

【空腹時口臭】
お腹が空くと口臭がきつくなるといった状態になったりしませんか?それは血液中にある代謝産物の影響によって口臭が発生しやすくなるからです。口臭が一番強くなるのは朝食を抜いたときに起こりますので朝食は食べるようにしましょう。

【嫌気性菌】
口の中に存在する細菌と言うのは通常で200種類以上、数にして数十億と言われる細菌が住んでいます。この中の酸素が少ない環境に発生する最近を「嫌気性菌」と言います。口臭と言うのは「嫌気細菌」が活発に活動したときに発生しますので、口の中が乾燥したり、唾液で口の中が粘ついたりしたときに増殖し、口臭を発生させるようになるのです。

口臭(2)

口臭のチェック法

口臭というのは誰しも気になるものですよね。自分に口臭があるかどうか他人に聞いてみるわけもいかないですし、その上で予防やケアをした方がいいのか皆さんが気になっていると思いますので、そこで、自分に口臭があるのかどうか自分自身で判断をする為に口臭のチェックをして見ましょう。以下にチェック項目を挙げてみました。○×で判断してみてくださいね。

【口臭チェック】
1.口の中に適度に水分が、サラサラの状態である。
2.水かお茶を一日に適量水分補給をしている。
3.虫歯が出来たらすぐ歯医者に行って治療する。
4.食事は和食を食べる事が多い。
5.食事はよく噛んで食べている。
6.定期的に歯医者に通って、虫歯のチェックや歯石除去をしている。
7.食事の後は、食べかすも全て洗い流すようにしている。
8.ストレスを出来るだけ溜めないようにしている。
9.感情的にならないようにしている。

以上、チェック項目をあげてみましたが、いかがでしょうか?
○の数が多いほど口臭度数が低いと言う事になって口臭が無いということになります。これでおおよその目安が立てられると思いますので、自分で自己チェックをしてみて自覚する事から始めましょう。

口臭があるなと感じる前に、口臭の予防をしてみましょう。確かに最初は面倒だと感じると思いますが、段々と面倒だと感じなくなってくるはずです。しかもケアをしないと気持ち悪いとさえ思ってくればしめたものです。
無理せずに、徐々に徐々にケアを始めていくようにしてみてはいかがでしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。