口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭(2)

口臭(自臭症)の原因

自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌です。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(嫌気性菌)というのがいて、その細菌が原因とされています。
しかし、量は他臭症の人と比べてみるとものすごく少ないのですが臭いが出てしまうのです。
その理由は断続的に臭いを発生してしまうからで、嗅覚というは連続的な臭いには麻痺してしまって感じませんが、断続的な臭いは感じてしまうからです。

では、自臭症の人がいつも臭いを感じてしまうのは何故なのでしょうか?
理由には以下の事が挙げられます。

1.起床時に感じる口臭
睡眠時には唾液の分泌と言うのは停止してしまいます。そのために口の中が乾燥してしまい口腔内の細菌が増殖してしまいます。それで朝起きると口臭を感じてしまうということです。

2.食事中に感じる口臭
食事中は唾液の分泌量が活発になるために、自浄作用が働いて口臭が感じにくくなるものですが、食べ物の種類によっては臭いが口の中に残ってしまった感覚があるので臭いを感じてしまいます。

3.嫌気性菌の増殖による口臭
昼食前や、夕食前など空腹になると口腔内の「嫌気性菌」という細菌が増殖し、口臭を自覚してしまいます。

4.緊張時に感じる口臭
社会に出たりすると、人と接する機会が増え、緊張するときも増えますよね。緊張すると声を出す事がなくなってしまうために、舌の動きが停止してしまいます。それと同時に唾液の分泌も停止してしまいますので、嫌気性菌の活動が活発になってしまいます。その為に口の中の臭いが充満して口臭を感じてしまうということになります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。