口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭(2)

口臭(他臭症)の原因

口臭の中でも、他臭症の人の原因となるのは口の中に問題がある場合が多いです。例えば、虫歯が悪化していたり、歯周病や歯槽膿漏になっていたりなど炎症がある場合などに起こります。口臭を起こす原因となっているのは細菌で、その中でも嫌気性菌という酸素が嫌いな細菌が引き起こしています。
他人にとって、強烈な口臭として感じられる臭いですが、本人にとってはまったく感じない臭いのようです。
ですから、周りの人は不快感がものすごくありますが、本人は指摘されるまでは全く気付かないというパターンが多いようです。

なぜ、他臭症の人は自分の口臭を自覚しないのでしょうか?それは口の中で細菌によって絶え間なくガスが発生している為に、自分自身は臭いに麻痺してしまって全く臭いを感じないという仕組みです。

そういう人の場合、ニンニクのような臭いが強烈のものを食べても自覚できないようです。

他臭症の公衆対策としては、歯科クリニックなどで歯周病や歯槽膿漏の治療を行いましょう。その他には歯磨きのやり方を再度教えてもらったりして、虫歯の治療もきちんとしましょう。また、歯石除去など口腔内のメンテナンスを定期的に受けることが大切です。

口臭を予防するには、虫歯が原因で口臭が起きている場合はいいのですが、口臭予防は歯周病・歯槽膿漏の予防法に原則的に準じていますので、歯周病や歯槽膿漏の症状が進んでいる方は家庭でも定期的に歯科クリニックでも予防をきちんと行うようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。