口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭(2)

口臭の治療の方法

口臭の治療を要するものは全身疾患から来るものもありますが、これは全体の1割に満たないほどです。残りの9割以上は口の中の病気が原因で高周波起こります。

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.歯周病
歯槽骨という、歯を支えている骨があるのですがこれが歯周病になると溶け出してきて無くなってきて、歯茎の部分がブヨブヨしてきます。こうなると、出血してきたり膿が出たりして次第に歯がグラグラしてきてしまう病気の事です。
このグラグラした歯とブヨブヨした歯茎の間には、ものすごい数の細菌が存在していて、これが悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物を産生して口臭になってしまうという訳です。こうなったら歯科クリニックで早めに治療を受けるようにしてください。悪化してしまうと、歯が無くなってしまいます。

2.虫歯
しかし、虫歯が悪化してくると口臭が徐々に強くなってきてしまいます。更に神経までいってしまうと悪臭と化して強烈な臭いになってしまいます。
こうなる前に、早めに治療するようにしましょう。

3.歯垢
プラークと言って最近の塊の事です。これは歯と歯の間に食べかすがたまってしまっている状態で、毎日歯磨きを丁寧にしていても磨き残しがあるくらい頑固に残ってしまうものです。定期的に歯科クリニックなどに行ってケアをしてもらうようにしましょう。

4.歯石
歯垢が固まって硬くなってしまったものを言います。自分では取る事ができず歯医者で取ってもらうしかありません。放って置くと歯周病の原因になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。