口臭
★楽天で送料無料の商品を探す★

口臭(2)

口臭の治療の方法2

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

1.舌苔
舌苔(ぜったい)と言って、口臭の大きな原因の一つです。これは舌の表面に白っぽい、または黄色っぽい苔のようなものが付いた状態です。これが舌苔と言うものになります。これの元なるのは口の中の細胞が死んだり、新陳代謝によって粘膜上皮の細胞が剥がれたり、食べ物のカスが元になったりしています。これが細菌で分解されて口臭の原因となってガスを発生してしまうと言う事になります。
舌苔の除去方法としては専用の舌ブラシを使うか、柔らかめの歯ブラシを使用します。使い方は舌の奥の用から前の方に優しく磨いていきます。やりすぎると舌を傷つけてしまいますので気をつけるようにしましょう。

2.唾液
唾液には口の中の洗浄作用・抗菌作用・粘膜保護作用があり、口臭予防に一役買っています。このために唾液の分泌量が少なくなると口の中が不潔になってしまって、かつ乾燥してしまうために口臭が発生しやすくなると言うわけです。一般的には食べたり喋ったりする事で唾液の分泌量が促進されます。病的な場合は、ドライマウスという項目で調べてみましょう。

3.口腔癌
口の中に出来る癌です。これによって口臭が発生する場合があります。口の中に違和感を覚えた場合には早めに歯科医師に診てもらうようにしましょう。

4.義歯
毎日キレイに洗浄したり、消毒したりして使うことをお勧めします。一度入れ歯に色や臭いが付着したりすると取れませんので気をつけましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。